職場のメンタルヘルス対策

job_hisyo_kochira
近年、仕事や職場にストレスを感じている人が増えてきています。
ストレスが原因で、うつ病などの心の病(メンタルヘルス不調)に陥って、休業したり、退職したりする人も少なくありません。

心の健康問題は、「従業員個人の問題」として扱うだけでは不十分で、「職場全体の問題」として認識し、対策に取り組むことが必要です。

メンタルヘルス対策に積極的に取り組み、よりよい職場環境づくりを目指す企業様をヒューマン&ヒューマン(株)は、全力でサポートいたします。

ご存じですか?「会社に求められる4つのケア」
head012_05
働く人が受けるストレスはさまざまです。職場での人間関係や仕事上の問題によるストレスもあれば、プライベートな問題によるストレスもあります。

職場のストレス要因には仕事の量や質、労働時間など、働く人自身の力だけでは対処できないものもあります。
そのため、事業者による組織的で計画的なメンタルヘルス対策として、下記の4つのケアを継続的に実施することが求められます。

◆ 厚生労働省が定める「労働者の心の健康保持増進のための指針」の中で、メンタルヘルス対策推進の為に重要とされた4つのケア

厚生労働省が求める4つのケア何から取り組めばいいの?
head012_05
厚生労働省が行った「平成27年 労働安全衛生調査(実態調査)」によると、
メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、59.7%です。

取組内容(複数回答で上位のもの)をみると、
・メンタルヘルス対策に関する事業所内での相談体制の整備(44.4%)
・メンタルヘルス対策に関する労働者への教育研修・情報提供(42.0%)
・メンタルヘルス対策に関する管理監督者への教育研修・情報提供(38.6%)
となっています。

何から取り組めばいいか?
まずは、ヒューマン&ヒューマン株式会社へどうぞお気軽にお問い合わせください。

会社の状況や課題をヒアリングさせていただき、必要な施策について企画提案し、優先順位が高いものから取り組んでいきます。
メンタルヘルス対策

お問い合わせはコチラから