活動実績

ご契約について

job_hisyo_kochira

契約形態は、「顧問契約」と「スポット契約」の2種類あります。

1、顧問契約について

貴社のメンタルヘルス部門の顧問となり、毎月あらかじめ決めておいた回数に応じて、専任のカウンセラーが貴社を訪問します。

次のような中長期的な計画で取り組む必要があるケースの場合は、
「顧問契約」をおすすめいたします。

head012_05

 人を雇ってもすぐに辞めていく(特に新入社員)

メンタルヘルス不調者が増えてきたので、社内に相談体制を整備したい。
・従業員が心の悩み、不安、ストレスについて相談できるようにしたい。
・人事、管理監督者が「人」のことで相談できるようにしたい。

 社内で、ハラスメント発生!

「顧問契約」の場合、次のようなサービスをご利用いただけます。head012_05

□ メンタルヘルス対策の体制づくり
メンタルヘルス体制づくりを行いたいけれど、「何から取り組めばいいか分からない」
状態でお困りの企業様が多いと思います。

そのような場合は、メンタルヘルス体制づくりから一緒に行います。

□ 専任のカウンセラーによるカウンセリング
専任のカウンセラーが、従業員様の心の悩み、不安、ストレスについて相談で応じ、
精神的負担を軽減します。

□ 人事労務担当者、管理監督者へのアドバイス
人事労務担当者や管理監督者が抱える「どうしたらいいか分からない」に
対してアドバイスを行います。

例)
・メンタルヘルス不調が疑われる部下への対応について
・部門内の人間関係について
・「何度注意しても同じミスを繰り返す」部下への指導方法について

□ 教育研修

例)
・新入社員、一般社員、管理監督者など役割に応じた「メンタルヘルス研修」
・一般社員、管理監督者など役割に応じた「ハラスメント防止研修」

□ 定期報告
カウンセリングや教育研修などのメンタルヘルス対策活動を行う中で見えてきた
貴社の問題と改善へのご提案を行います。

2、スポット契約

このようなケースの場合におすすめです。

メンタルヘルス不調の未然防止のために年に1回、全従業員のカウンセリングを
  実施したい。

ストレスチェックの結果、高ストレス者出現率が多い部門の従業員の
カウンセリングを短期集中で行いたい。

教育研修のみ依頼したい。

まずは、どのようなことでお困りかお聞かせください。
お客様のニーズに合わせたメンタルヘルス対策サービスプランを企画いたします。

お問い合わせはコチラから