心理カウンセリング

法人様向け 心理カウンセリング

ストレスチェック制度が義務化され、法に基づいたストレスチェックを実施してみて、
高ストレスに該当し、医師面接が必要と判定された従業員様は、どのくらいいましたか?

その中で、医師面接に申し込みをされた方は、どのくらいいましたか?

厚生労働省のマニュアルにある高ストレス者選定の基準を採用している場合、
受検者のおよそ10%の人数の方が「高ストレス」に該当したという企業様が多い
のではないでしょうか。

では、その中で、医師面接に申し込みをされた方はいましたか??
「誰も申し込まなかった・・・・」という企業様も多いのでは。

しかし、ここで重要なのは「高ストレス」状態にある人をそのままにしないこと。

businessman2_kangaechu
「本人が医師面接は受けないと言っているので、仕方ない・・・」
「医師面接を受けると、会社にストレスチェックの結果が分かってしまうので、
医師面接を希望する人は少ないと思う。」

このような声が聞こえてきそうです。

job_hisyo_kochira
ストレスチェック指針(※)では、このような一文があります。

——————————————————————————————————————————————————-
○ 相談対応
事業者は、ストレスチェック結果の通知を受けた労働者に対して、相談の窓口を
広げ、相談しやすい環境を作ることで、高ストレスの状態で放置されないようにする等
適切な対応を行う観点から、日常的な活動の中で当該事業場の
産業医等が相談対応を行うほか、産業医等と連携しつつ、保健師、看護師若しくは精神保健福祉士又は産業カウンセラー若しくは臨床心理士等の心理職が相談対応を行う体制を整備することが望ましい。

——————————————————————————————————————————————————-

これから年に1回ストレスチェックは実施です。
従業員様のストレス対策のためにも、職場内で相談体制の整備をしませんか?

ヒューマン&ヒューマン株式会社では、企業様にカウンセラーを派遣し、
従業員様からの相談対応を行っています。

相談体制を整備し、日常的に相談対応を行っていくことで、
このようなメリットがあります。
head012_05
メンタルヘルス不調を訴える従業員がいる場合、または上司から見て不調が疑われる従業員がいる場合に対応できる。
ストレスチェック実施後、高ストレスに該当した従業員に、「医師による面接」の他に、
「カウンセラーによる相談対応」を勧めることができる。
ストレスチェック後の医師面接の結果、就業上の措置を講ずるよりも、心理的なサポートが必要な場合に対応できる。

相談対応を行う中で、よくあるご相談内容
head012_05
・職場の人間関係について(ハラスメント問題含む)
・職場になじめない、今の仕事が自分に合っているのか
・やる気がでない、生産性を上げたい
・眠れない、朝 起きられない
・プライベートの悩み など
カウンセラー

管理監督者や人事労務部門担当者が抱える
「どう対応したらいいのか分からない」問題にも助言を行います。
head012_05
・メンタルヘルス不調が疑われる部下への対応について
・コミュニケーションがとれない いくら注意しても改善しないなど対応に困る部下への接し方について
・自分もしくは部下の業務の生産性やモチベーションをもっと上げたい
・部下への指導が苦手
・職場環境改善について など
相談

*所要時間 1名につき50~60分
*職場内にある個室で相談対応を行います。
job_hisyo_kochira

ご契約に関しては、こちらをご覧ください。
サービス内容や料金について詳細をお知りになりたい場合は、どうぞお気軽に
お問合せ ください。

ヒューマン&ヒューマン 株式会社
福岡市博多区西月隈3丁目8-12 弐番館615号
TEL 092-292-1662
MAIL info@hyuman.link

お問い合わせはコチラから