ハラスメント対策

職場のハラスメント対策支援

問題が発生してから対処しようとすると、
かなりの時間と労力を要するハラスメント問題。
ヒューマン&ヒューマン株式会社では、企業・団体様向けに「ハラスメント対策支援」を
実施しています。
職場でのハラスメント(パワハラ・セクハラ等)を未然に防止するための取り組みを行いたい企業・団体様に対し、職場のハラスメント対策専門のカウンセラーが、パートナーとして支援します。
「取り組み方が分からない」場合もご安心ください。

教育研修職場でハラスメントが与える影響は深刻です。
ハラスメントが発生した場合・・・

head012_05ハラスメントを受けた人は
人格や尊厳を傷つけられたり、仕事への意欲や自信を失ったり、メンタル不調を
招くことがあります。

場合によっては、休職や退職に追い込まれたり、生きる希望を失うことさえあります。

行為者の懲戒処分を求める場合や、訴訟に発展する場合もあります。

周囲の人たちは
ハラスメントを見聞きすることで、仕事への意欲が低下し、職場全体の生産性にも
悪影響を及ぼす可能性があります。

ハラスメントを行った人は
社内での自分の信用を低下させかねず、懲戒処分や訴訟のリスクを抱えることにも
なり、自分の居場所が失われる可能性があります。

企業は
業績悪化や貴重な人材の損失につながる可能性があります。
企業としてハラスメントに加担していなくても、問題を放置した場合は、
裁判で使用者として責任を問われることもあり、イメージダウンにつながりかねません。

案内

こうした悪い影響や損失を回避するためにも、職場でハラスメント対策を進めることが必要です。
対策を進めることで、従業員一人一人の尊厳や人格が尊重され、
仕事に対する意欲や生産性の向上、人が辞めない職場づくり
にもつながります。

ハラスメント防止対策は、事業者の義務です
head012_05

職場におけるセクハラマタハラ防止対策として、
以下の11項目(セクハラについては10項目)が、業種・規模に関わらず全ての事業者に義務づけられています。
(男女雇用機会均等法第11条・第11条の2、育児・介護休業法25条)
パワハラに関しては、法令上の定めはないものの同等の取組みが求められます。

1.事業主の方針の明確化及びその周知・啓発
【1】
① 職場におけるセクハラの内容・セクハラがあってはならない旨の方針を明確化し、
管理監督者を含む労働者に周知・啓発すること。

➁ マタハラの発生の原因や背景になり得ること、マタハラがあってはならない旨の方針、制度等が利用できることを明確化し、管理監督者を含む労働者に周知・啓発すること。

【2】セクハラの行為者、マタハラにあたる言動を行った者については、厳正に対処する旨の
方針・対処の内容を就業規則等の文書に規定し、管理監督者を含む労働者に周知・啓発
すること。

2.相談(苦情を含む)に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備
【3】相談窓口をあらかじめ定めること。
【4】相談窓口担当者が、内容や状況に応じ適切に対応できるようにすること。
また広く相談に対応すること。

3.職場におけるハラスメントに係る事後の迅速かつ適切な対応
【5】事実関係を迅速かつ正確に確認すること。
【6】事実確認ができた場合には、速やかに被害者に対する配慮の措置を適正に行うこと。
【7】事実確認ができた場合には、行為者に対する措置を適正に行うこと。
【8】再発防止に向けた措置を講ずること。(事実が確認できなかった場合も同様)

4.職場における妊娠・出産・育児休業に関するハラスメントの原因や背景
となる要因を解消するための措置

(↓マタハラについてのみ規定)
【9】業務体制の整備など、実情に応じ、必要な措置を講じること。

5.1~4までの措置と併せて講ずべき措置
【10】相談者・行為者のプライバシーを保護するために必要な措置を講じ、周知すること。
【11】相談したこと、事実関係の確認に協力したこと等を理由として不利益な取扱いを行ってはならない旨を定め、労働者に周知・啓発すること。

職場のハラスメント対策専門のカウンセラーが支援します
head012_05

職場のメンタルヘルス・ハラスメント対策専門のカウンセラーが、毎月、御社を
訪問します。

御社の状況や課題に応じて、優先順位が高いものから取り組んでいきます。
一人のカウンセラーが専任となり、メンタルヘルス・ハラスメントを総合的に支援します。

「ハラスメント対策」支援内容

● 教育研修
・パワハラ、セクハラ、マタハラ等、予防と理解のための研修
・再発防止のための研修

詳細はこちら

● カウンセリング
・相談窓口の開設
・従業員様からの相談対応
・発生後、加害者、被害者、第三者等への事実関係の確認
・被害者への心理的フォロー

詳細はこちら

● 社内の相談窓口担当者の育成
・相談対応を行う上での注意事項

● 衛生委員会等での調査審議
・ハラスメント対策を進めるにあたり、従業員様の意見を聴きつつ、職場の課題を
把握し、職場の実態に合った改善に向けての取り組みを実施。

料金体制
head012_05

月額料金+交通費。料金は、訪問頻度や常駐時間によって異なります。

目安
・従業員数100人未満 毎月1回
・従業員数200人未満 毎月2回
・従業員数300人未満 毎月3回 など

対応地域
head012_05九州地区(福岡・佐賀・大分・熊本・宮崎・鹿児島)の企業・団体様を主に対象と
していますが、九州地区に本社があり、関東や関西にも支社がある企業様の場合は、トータルで対応させていただいております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。
御社にお伺いし、詳細をご案内させていただきます。案内

ヒューマン&ヒューマン 株式会社
福岡市博多区西月隈3丁目8-12 弐番館615号
TEL 092-292-1662
MAIL info@hyuman.link

お問い合わせはコチラから