ストレスチェック制度

ストレスチェック 受検した人が少なかった場合の対策

初めて行った「ストレスチェック」で、従業員全員にストレス調査票を
配布したものの、「受検した人が少なかった・・・」

これ、せっかく実施したのに非常にもったいない話です。

受検した人が少ない状況で集団分析をした場合、
「あくまでも受検した人の結果を集計して分析した結果」となり、

職場の正確な傾向が見えてきません。

ストレスチェックの受検者数を増やす方法は?
head012_05

1、ストレスチェック制度の趣旨や実施の目的を
従業員に周知徹底する

ストレスチェックの結果は誰が見るのか、受けたらどうなるのか、どのような目的で
行うのかなど、事前に従業員に周知徹底し、安心して受検できるように心掛けましょう。

2、ストレスチェックの結果を活かして、職場環境の改善に
取り組む

せっかくストレスチェックを実施しても、その結果を職場環境の改善に活かさないと、
「何のためのストレスチェックなんだろう・・・」
「受検しても何も変わらない・・・」
といった声が聞こえてきそうです。

集団分析をして見えてきた職場の課題をもとに、職場環境の改善に取り組みましょう。

ヒューマン&ヒューマン(株)では、年に1回、従業員様を対象に、セルフケア研修
行うことをおすすめしています。

その研修の中で、ストレスチェック制度の趣旨や目的について触れ、
従業員様にストレスチェック制度への理解を深めていただくことが可能です。
job_hisyo_kochira

ヒューマン&ヒューマン 株式会社
福岡市博多区西月隈3丁目8-12 弐番館615号
TEL 092-292-1662
MAIL info@hyuman.link

お問い合わせはコチラから